【賃貸居住用】渋谷区,募集中の一覧

6

渋谷区の家賃相場

1R ~ 1K 1DK ~ 1LDK 2K ~ 2LDK 3K ~ 3LDK 4K ~ 4LDK以上
家賃相場 10.5万円 21.9万円 - - -
空室件数 5室 1室 - - -

渋谷区

変更
賃料
築年数
面積
間取り
駅・バス停からの時間
情報公開日
画像・動画あり
条件

該当物件は

6

東京都渋谷区近辺の画像

東京都渋谷区エリア情報

渋谷区はどんなところ?

渋谷区は東京都の南西部に位置する特別区です。面積は15.11平方キロメートルで、人口は約23万人です。
渋谷区は商業や文化の中心地として知られており、渋谷駅周辺や原宿・表参道などには多くの店舗や施設が集まっています。
渋谷区は若者の街としても有名で、ファッションや音楽などのトレンドが生まれる場所でもあります。
渋谷区には歴史的な寺社や名所も多く、金王八幡宮や代々木公園、明治神宮などがあります。
渋谷区は都心部にありながら自然も豊かで、四季折々の風景を楽しむことができます。

渋谷区の由来

渋谷区の名前の由来は、中世にこの地を治めていた豪族・渋谷氏に由来します。
渋谷氏は平安時代末期から鎌倉時代にかけて活躍しました。
渋谷氏は金王八幡宮を祖先神として崇敬し、その境内に居館を構えました。
金王八幡宮は現在も渋谷区渋谷にあります。
渋谷氏は戦国時代に衰退しましたが、その後もこの地域は「渋谷」と呼ばれるようになりました。
江戸時代には幕府直轄地として開発され、明治18年には鉄道が開通しました。
昭和7年に渋谷町、千駄ヶ谷町、代々幡町が合併して東京市渋谷区が誕生しました。

渋谷区の地理情報(面積、住宅面積)と経済産業

渋谷区は、東京都23区の西南に位置しており、面積は15.11平方キロメートルです。
区内全域が武蔵野台地上の高台にあり、東京の山の手地区を構成しています。
渋谷川や宇田川などの河川が区内を流れており、渋谷駅周辺は渋谷川と宇田川の合流地点にあたります。
渋谷区は、新宿区や池袋区とともに「副都心3区」とされるほか、不動産業界では千代田区や中央区、港区の「都心3区」に加えて「都心5区」に数えられることもあります。
渋谷駅は山手線南西部のターミナル駅であり、世界で2番目に多い利用者数を誇ります。
渋谷駅周辺は「若者の街」として知られる繁華街であり、東急グループを中心とした商業活動が活発です。
近年は東急グループが主導する再開発により、高層ビルや複合商業施設が次々と建設されています。
渋谷区は、六本木などともにIT企業が集積している地域としても注目されています。
特に渋谷ヒカリエや渋谷ストリームなどの複合施設には、グーグルやヤフーなどの大手IT企業が入居しており、イノベーションの拠点となっています。
また、渋谷区ではスタートアップ支援や地域活性化などの取り組みも積極的に行っており、国際的なビジネスシーンを形成しています。
渋谷区は、地理的にも経済的にも東京の中心的な役割を果たしている特別区です。
若者文化やIT産業などの最先端の動きを発信する一方で、歴史や伝統も大切にしています。
今後も渋谷区は、多様性と創造性に満ちた街として発展していくでしょう。

渋谷区の人口推移

渋谷区は東京都の中心部に位置する区で、2024年1月1日時点で住民登録人口は230,609人(外国人登録人口は11,935人)です。
渋谷区の面積は15.11平方キロメートルなので、人口密度は16,153人/平方キロメートルとなります。
これは東京都内でかなり高い人口密度を持つ区です。
渋谷区の人口世帯数は増加傾向にありますが、1世帯当たりの人口は減少傾向にあります。
これは出生率の低下や高齢化などが原因と考えられます。
2021年の渋谷区の合計特殊出生率は1.05で、東京都内でも低い水準でした。
また、渋谷区の高齢化率(65歳以上の人口割合)は2022年に19.01%と全国平均(29.1%)よりも低かったものの、今後は急速に上昇すると予測されています。

渋谷区の暮らしに必要な公共機関

渋谷区では暮らしに必要な公共機関として、区役所や消防署、警察署、病院、学校、図書館などがあります。以下ではそれぞれの概要を紹介します。

区役所

渋谷区役所は渋谷駅から徒歩約10分の場所にあります。
住民票や戸籍、税金や保険などの各種手続きや相談ができます。
また、区役所内には子育て支援センターや福祉相談センターなどもあります。

消防署

渋谷区内には渋谷消防署と代々木消防署の2つの消防署があります。
火災や救急などの緊急事態に対応するほか、防災教育や消防設備の点検なども行っています。

警察署

渋谷区内には渋谷警察署と代々木警察署の2つの警察署があります。
犯罪や交通事故などの捜査や取り締まりを行うほか、防犯相談や交通安全教室なども行っています。

病院

渋谷区内には都立広尾病院や日本赤十字社医療センターなどの大規模な病院から、小規模な診療所まで多数の医療機関があります。
各種の診療科目や専門分野に対応しています。

学校

渋谷区内には小学校18校、中学校13校、高等学校11校、大学や専門学校などの高等教育機関があります。

図書館

渋谷区内には渋谷図書館をはじめとする区立図書館10館と、青山学院大学図書館などの大学図書館があります。
本や雑誌、新聞、CDやDVDなどの貸出や閲覧ができます。
また、読書会や講演会などのイベントも開催されています。
渋谷区は人口密度が高く、多様な文化や情報が集まる街です。
しかし、出生率の低下や高齢化などの課題も抱えています。
渋谷区ではこれらの課題に対応するために、子育て支援や福祉サービスの充実などの取り組みを行っています。

渋谷ヒカリエ

渋谷区の大きなショッピングセンターといえば、渋谷ヒカリエです。
渋谷駅東口に直結しており、アクセスが非常に便利です。
2012年に開業して以来、最新の設備やサービスが常に充実しています。
渋谷ヒカリエは、地上34階、地下4階の高層ビルで多くのお店があり、ショッピングを楽しむことができます。
ショッピングセンターとしては、地下3階から地上5階までが「ShinQs」という名称で、約200店舗が入っています。
ファッションや雑貨、飲食など様々なジャンルの店舗がありますが、特に女性向けの商品やサービスが多く、若い女性に人気です。
また、地上9階には「ヒカリエホール」という多目的ホールがあり、コンサートやイベントなどが開催されます。

渋谷ヒカリエの魅力

渋谷ヒカリエの魅力は、ショッピングだけでなく、文化や芸術も楽しめることです。
地上8階には「8/」という名称のクリエイティブスペースがあり、アートギャラリーやライブラリーなどが展開されています。
ここでは、常設展や企画展などが開催されており、最新のクリエイティブな作品を見ることができます。
また、渋谷ヒカリエ内には様々なレストランやカフェなどが点在しており、渋谷の街並みを眺めながら、美味しい食事やドリンクを楽しむことができます。

渋谷ヒカリエの利用方法と注意点

渋谷ヒカリエは、年中無休で営業しており、ShinQsの営業時間が11時から21時まで、カフェやレストランの営業時間が11時から23時で、クリエイティブスペース「8/」の営業時間が11時半から20時までとなっています。
入場料は無料ですが、一部の施設やイベントは有料になる場合があります。
また、混雑する時間帯は昼間や週末などですので、施設やイベントによっては事前に予約やチケット購入をすることをおすすめします。
さらに、館内ではマナーやルールを守って利用するようにしましょう。例えば、危険物の持ち込みや喫煙は禁止されています。

渋谷区の空き家

2022年時点の渋谷区の空き家数は約1.6万戸と、数としては東京23区で8番目に高いです。
空き家率でみると10.9%と、東京23区で10番目に低いという順位づけになっています。
しかし、これは全国平均の13.6%よりも低いとはいえ、まだまだ高い水準です。
特に、駅周辺や商業地域では空き家が目立ちます。

渋谷区空家等対策計画

渋谷区では、この空き家問題に対処するため、2023年3月に「渋谷区空家等対策計画」を策定しました。
この計画では、空き家等の把握・管理・活用・除去を一体的に推進するために、以下の4つの基本方針を掲げています。

  • 空き家等の把握・管理を徹底する
  • 空き家等の活用を促進する
  • 空き家等の除去を推進する
  • 空き家等対策に関する連携・協働を強化する

具体的な取り組みとしては、相談窓口の設置、空き家等活用事業者や団体への支援や助成、空き家等所有者への課税や行政代執行などが挙げられます。

渋谷区の家賃相場

渋谷区の平均賃料は東京23区ではかなり高水準で、家賃相場は、間取り別で以下のようになっています。

  • 1R:約11.8万円
  • 1K:約11.1万円
  • 1DK:約15.2万円
  • 1LDK:約24.0万円
  • 2K:約13.6万円
  • 2DK:約20.9万円
  • 2LDK:約39.0万円
  • 3LDK:約46.6万円

渋谷区では、なぜこんなにも高額な家賃が続いているのでしょうか。
その理由としては、以下のような要因が考えられます。

  • 渋谷区は東京の中心部に位置し、交通の便が良い
  • 渋谷区はビジネスや文化の発信地として魅力的で、多くの人が住みたいと思う
  • 渋谷区はオフィスや商業施設が多く、住宅用地が少ない
  • 渋谷区は再開発や高級マンションの建設が進み、土地価格や建築費が高騰している

渋谷区住宅政策基本計画
こうした高額な家賃が続く状況に対して、渋谷区は2023年3月に「渋谷区住宅政策基本計画」を策定しました。
この計画では、住みやすく暮らしやすい渋谷区を目指して、以下の4つの基本方針を掲げています。

  • 住まいの供給を増やす
  • 住まいの質を高める
  • 住まいの多様性を担保する
  • 住まいとまちづくりを連携させる

具体的な取り組みとしては、公営住宅や公社住宅の整備や改善、民間賃貸住宅への補助金や助成金の支給、空き家等活用型住宅やコミュニティハウスの推進、防災・減災・環境配慮型住宅の普及などが挙げられます。
また、子育て世帯や高齢者世帯などへの支援も行われています。
渋谷区は空き家や高額な家賃に悩み、対策計画を策定し、積極的に取り組んでいる一方で、便利な施設が充実している若者に人気なエリアです。

渋谷区のお部屋探しはアップシードレジデンシャルにお任せ

アップシードレジデンシャル 四ツ谷本店では、多くの賃貸物件を取り揃えております。
渋谷区で賃貸をお探しのみなさまのお力になれるよう全力でサポートいたします。
渋谷区で賃貸を探すならアップシードレジデンシャル 四ツ谷本店にお任せください。

東京都渋谷区のおすすめ物件